ニューメキシコ州何でも情報


by asfg4as5ad

そうだ、ニューメキシコ州へ行こう 地理

ニューメキシコ州の東部境界はオクラホマ州で西経103度、テキサス州で西経103度の3マイル (5 km) 西にそって設けられている。テキサス州はまたニューメキシコ州南部のほとんどと接しているが、南西部の「ブーツのかかと」(boot-heel)と呼ばれる南に突き出した部分はメキシコのチワワ州及びソノラ州と接している。アリゾナ州との西部境界は西経109度にそっている。
州の地勢は変化に富み、標高3,000 ft(914.4 m)の南東部カールズバッド市周辺の砂漠平原から、標高13,000 ft(3,962.4 m)のロッキー山脈南端となる州北東部タオス市周辺まで、河川、渓谷、山岳など地形は大陸生成の歴史をまざまざと見せている。また年間340日も陽光に恵まれるという珍しい土地で、自然災害も非常に少ない。
[PR]
by asfg4as5ad | 2009-08-20 11:28